獣医師が解説 犬のIBD(炎症性腸疾患)

飼い主さまへTo owners

椎間板ヘルニアのグレード分類

椎間板ヘルニアは症状の重さによって5つのグレードに分けることができます。

グレードにより治療方針や改善率に差が出てくるため、グレードを把握してあげることはとても大切なことになります。

特に、ダックスフンドやビーグルなどで多いハンセン1型というタイプの椎間板ヘルニアはグレードが突然進行することがあるため、治療をおこなっている最中でもグレードの進行に注意してあげることが重要になります。

グレードごとの主な症状

グレードごとの主な症状と、グレードによる内科治療・外科治療の改善率

好発犬種としてはマルチーズ、シー・ズー、プードル、コッカー・スパニエル、アイリッシュ・セッターなどが知られており、女の子のワンちゃんで発症が多いことが報告されています。

グレード1

椎間板ヘルニアの中で一番軽度な症状で、神経の機能は正常で痛みのみが存在している状態です。
抱き上げた時に「キャン」と鳴いたり、登り降りの運動を嫌がったりなど、背中を痛がるような症状がでます。

グレード2

ふらついたり足先を擦って歩いたりなど軽度の神経症状は認められるものの、4本の足で歩行出来ている状態です。

グレード3

グレード3以上は重度に分類され、麻痺を伴います。
後ろ足もしくは前後4本の足を自分の意志で動かすことができず、歩くことができなかったり、後ろ足を引きずって前足だけで歩いている状態です。

グレード4

グレード3からさらに症状が進行し、自分の意志で排尿ができなくなります。
多少感覚は残っているため、強い痛み刺激などには反応します。

グレード5

椎間板ヘルニアで最も重い状態とされます。
麻痺した肢で痛みを感じることができなくなり、足先の骨をペンチのようなものでつまんでも表情の変化すら認められません。

回復率が著しく低い状態であるため、このような状態になる前に適切な診断・治療を行うことが望まれます。

グレード5に進行してしまった場合、時間とともに神経へのダメージも深刻になっていくため出来るだけ早期に外科手術を行うことも勧められます。

グレードと治療について

グレード2までは、内科療法に比べて外科療法は数%程度改善率が高い程度です。

グレード5になると、内科療法だけでの改善率はぐっと落ち込み、早期に外科手術を行ったとしても改善率は50%程度です。

グレード3~4の場合には内科治療のみを実施して経過を見ることもありますが、ダックスフンドのような椎間板ヘルニアになりやすい犬種では、急にグレード5に進行する場合があります。
また、内科治療だけでは回復までの期間が長くなるケースもあるため、外科手術も選択される場合が多くなります。

当院での椎間板ヘルニアの治療について

椎間板ヘルニアについての解説はこちらもご覧ください。

当院では、細胞治療に関わらず、椎間板ヘルニアの治療についてのご相談を承っております。 現在の経過や症状についてお悩みの場合など、お気軽にお問い合わせください。

細胞治療ってどんな治療法?
【お問い合わせ先】

お問い合わせフォーム

細胞治療をうけたい飼い主様の募集 難治性疾患への細胞治療を検討してみませんか? 応募はこちら