事業内容

project description

事業概要

1.組合設立の目的

飼育動物向けに未だ確立されていない、自由診療における安全かつ有効な細胞治療サービスを提供できる仕組みを開発し、実用化することを目的として、細胞の開発及び臨床研究を行い、また自主的な評価基準を整備するための試験研究等を行う。

2.実用化の方向性

Ⅰ.組合員のために、飼育動物向け細胞治療サービスを確立する上で必要となる、均質かつ安全な動物細胞の培養要件、品質保証要件、搬送についての要件を確立すること。

Ⅱ.組合員のために、飼育動物向け細胞治療サービスを確立する上で必要となる、疾患動物の診断法及び治療法を開発するとともに、適応疾患、用法用量等のルールを明確化し、周知すること。 

Ⅲ.組合員のために、上記Ⅰ及びⅡから得られたデータやノウハウを蓄積し、分析・評価することにより、安全かつ有効な飼育動物向け細胞治療サービスを確立するために必要となる自主的な評価基準を整備すること。

動物再生医療技術研究組合

細胞治療とは

細胞治療とは

細胞治療とは

ほ乳類の身体には、組織の種となる幹細胞と呼ばれる細胞が存在します。中でも、身体の組織へ細胞を供給したり、身体の環境を整えたりする役割をもつモノを総称して体性幹細胞と呼びます。

細胞治療は、この体性幹細胞を体外で人工的に培養し、身体に投与することで疾患を治療する治療法で、悪い箇所を叩くことが中心の化学的な薬剤治療とは異なり、身体が本来持つ修復機能や自己治癒力を利用することが大きな特徴です。

間葉系幹細胞(MSC)とは

間葉系幹細胞
間葉系幹細胞の働き

間葉系幹細胞(MSC)は、骨髄や脂肪組織に存在する体性幹細胞で、骨や脂肪、軟骨、血管などの様々な組織に変化する能力を持ちます。更に、間葉系幹細胞(MSC)は、サイトカインと呼ばれる生理活性物質を分泌し、免疫のバランスを調整したり、炎症を抑えたり、身体の組織を修復したりする働きを持ちます。細胞治療は、この間葉系幹細胞(MSC)の働きを利用することで、病気の症状の緩和や従来の薬の投与量の軽減など効果が期待でき、獣医療分野では、主に自己免疫疾患や外科症例などへの適⽤が報告されています。

臨床研究対象疾患

現在、動物再生医療技術研究組合で実施している細胞治療の臨床研究対象疾患は、以下の通りです。

眼科疾患 乾性角結膜炎(KCS)
消化器疾患 慢性腸症(CE)
血液疾患 免疫介在性溶血性貧血(IMHA)、免疫介在性血小板減少症(IMTP)、非再生性免疫介在性貧血(NRIMA)、赤芽球癆(PRCA)、再生不良性貧血(AA)
骨・関節疾患 関節炎
皮膚疾患 アトピー性皮膚炎
神経疾患 椎間板ヘルニア、非感染性髄膜脳脊髄炎
肝胆膵疾患 肝炎、膵炎
内分泌疾患 糖尿病

上記以外の疾患についても、順次拡大していく予定です