免疫介在性溶血性貧血(IMHA)| 細胞治療専門の動物病院

獣医師様へTo veterinarian

免疫介在性溶血性貧血(IMHA)

開発Key Opinion Leader:久末 正晴(麻布大学獣医学部 准教授)

イヌの皮下脂肪由来間葉系幹細胞を用いた免疫介在性溶血性貧血(以下 IMHA)の臨床研究を行っております。

イヌのIMHAは、何らかの原因によって免疫機能に異常が起こり、赤血球表面に免疫抗体が結合することで血管や脾臓、肝臓、骨髄などで赤血球が破壊され、食欲不振や息切れといった貧血の症状を示す自己免疫疾患です。一般的には副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制剤による治療を行いますが、中には症状が再発し慢性化したり、こうした標準治療が奏効せず、致死的な経過を辿ったりする場合もあります。

細胞のもつ免疫調整作用を利用することで、従来の治療で効果のないIMHAの患者に対しても、赤血球の破壊を抑え、重度の貧血が抑制されるなどの効果をもたらすのではないかと期待されています。

「IMHA 臨床研究の募集」

現在、当院では、IMHAの細胞治療の開始に向けた臨床研究を行っています。
IMHAの細胞治療にご興味のある獣医師様、当臨床研究にご協力いただける獣医師様は、当院までお電話いただくか、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

1.費用
臨床研究に必要な検査・手術にかかる費用、使用する細胞の費用等は、基本的に当院が負担します。

2.対象動物
臨床症状や検査所見により、IMHAと診断されたイヌ。

3.来院スケジュール
週に1回 4~5週間(全5~6回受診)

対象動物や投与方法、細胞などの臨床研究の詳細は、当院までお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
電話番号:045-334-8680

お問い合わせフォーム

※本研究の実施は当院の他、麻布大学においても行っています。
麻布大学HP:https://www.azabu-u.ac.jp/