関節炎 | 細胞治療専門の動物病院

飼い主様へTo owners

関節炎

わんちゃんの関節炎は、関節軟骨や滑膜の損傷による炎症から、痛みや歩行困難を引き起こす病気です。
原因はさまざまで、自己免疫の異常によるものや、ウイルス感染、他の疾患に反応して起こる場合もあります。

自己免疫の異常が原因の場合は、炎症緩和、免疫バランスの調整を目的に、ステロイドや免疫抑制剤を使って治療を行いますが、生涯投与が必要になったり、症状が再発してしまったりすることが多くあります。

細胞治療は、この免疫異常による関節炎に対し、細胞のもつ免疫を調整する働きを利用し、関節の免疫バランスを整えたり、炎症を鎮めたりすることで、従来の治療薬を減らすことが期待できる最先端の治療法です。

関節炎の治癒過程の様子(マウスの症例)

関節炎を発症したマウスに細胞を投与したところ、通常の関節炎(写真中央)に比べて、大幅に腫れが抑制されました。(写真右)

<画像引用元> Allogeneic mesenchymal stem cells inhibited T follicular helper cell generation in rheumatoid arthritis

「関節炎 臨床研究の募集」

現在、当院では、関節炎の細胞治療の開始に向けた臨床研究を行っています。
ご協力いただける飼い主さま、関節炎についてお悩みの飼い主さまがいらっしゃいましたら当院までお電話いただくか、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

1.費用:
臨床研究に必要な検査・手術にかかる費用、使用する細胞の費用等は、基本的に当院が負担します。

2.対象:
臨床症状や検査所見により、関節リウマチ、特発性免疫介在性多発性関節炎と診断されたわんちゃん。

3.来院スケジュール:
週に1~2回 5週間(全7回受診)

対象動物や投与方法、細胞などの臨床研究の詳細は、当院までお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

お問い合わせフォーム

細胞治療をうけたい飼い主様の募集 難治性疾患への細胞治療を検討してみませんか? 応募はこちら