当院の臨床研究で使用する細胞の特徴 | 細胞治療専門の動物病院

飼い主様へTo owners

当院の臨床研究で使用する細胞の
特徴

ヒト再生医療の基準に則した設備・規格・基準で細胞を培養しています。

当院の臨床研究で使用する間葉系幹細胞(MSC)は当院のクリーンな環境で培養され、ウイルスや細菌、カビ等の検査を実施し、安全性を確認しています。
さらに、わんちゃんへの投与による重篤な副作用が起きる可能性が低いことを確認しています。

富士フイルムの先端独自の技術を投入しています。

富士フイルムが開発したセルネストと間葉系幹細胞(MSC)とを組み合わせた三次元細胞構造体「MSCセルザイク」を一部の臨床研究に使用しています。

詳しく見る

細胞治療をうけたい飼い主様の募集 難治性疾患への細胞治療を検討してみませんか? 応募はこちら