獣医師が解説 犬のIBD(炎症性腸疾患)

飼い主さまへTo owners

炎症性腸疾患(IBD)の治療について

こんにちは、動物再生医療センター病院です。

最近おうちのワンちゃんにこんな症状はありませんか? あまり食べない、やせてきた、吐く、便がゆるいなどの状態が3週間たっても治らない。

もし当てはまるようでしたら、早めに動物病院に連れていかれた方が良いかもしれません。 この場合、私たち獣医師はまず、食物アレルギー、感染症、膵炎、腫瘍などの病気を疑って検査を行います。

しかしそれでも原因が特定できないときには、炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease 以下IBD(※))という、重症化すると大変厄介な病気が潜んでいることが多くあります。

IBDは、特に理由がないのに腸に炎症の細胞が集まり、持続的な炎症を引き起こす病気です。腸に炎症が強く起こり続けると、食べない、やせる、吐く、便がゆるいなどのほか、お腹に水がたまる、血が固まりやすくなるなど、さまざまな症状が出てくることがあります。

こういった症状を引き起こすIBDの主な治療法は、食事療法や抗菌薬、炎症細胞を抑える薬(副腎皮質ステロイド剤・免疫抑制療法)などを用います。

ほとんどの場合これらの治療により改善していきますが、お薬を完全に止めることは難しく、やがて副作用が強く出たり、再発を繰り返したりします。

そして残念ながら、治療が効かずに亡くなってしまう場合もあるのが現状です。もしそのような時には、IBDがさらに進行する前に、治療を変えてみるのも一つの方法です。

(※)獣医療業界では古くからこのようにIBDと呼ばれてきましたが、人のIBD(潰瘍性大腸炎、クローン病)とは大きく異なることが知られるようになり、昨今では慢性腸症(CE)と呼ばれるようになっています。

当院ではこういった症例に対して、間葉系幹細胞を用いた細胞治療を実施しています。

間葉系幹細胞には、従来の治療とは異なる作用点で炎症を抑えたり、免疫バランスを調整する働きがあります。この働きを利用する間葉系幹細胞治療は、今までの治療で効果が乏しいワンちゃんに対しても、腸の炎症を抑え、便の改善や食欲の回復が期待できる最先端の治療法です。

当院での間葉系幹細胞治療についての詳しいご案内はこちらをご覧ください。

当院での診察やご相談をご希望の方はお電話いただくか、WEB予約画面よりご連絡ください。

【お問い合わせ先】

お問い合わせフォーム

細胞治療をうけたい飼い主様の募集 難治性疾患への細胞治療を検討してみませんか? 応募はこちら