アトピー性皮膚炎 | 細胞治療専門の動物病院

飼い主さまへTo owners

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は遺伝的な背景を原因とした慢性的なかゆみを伴う皮膚疾患です。
遺伝的に皮膚バリアの機能が弱く、生活環境にアレルギーを持っていることなどがきっかけとなって発症することが多いとされています。
初期には、眼や口の周りが赤くなり、身体を掻いてしまうことにより薄毛がみられます。 症状が進行すると、慢性的な皮膚炎により皮膚が厚くガサガサになり、脱毛や腫脹がみられるようになります。

アトピー性皮膚炎の細胞治療による治療例

<症例>
1歳の頃よりアトピー性皮膚炎を発症した柴犬のワンちゃんです。
全身各所にかゆみ、炎症、脱毛、色素沈着(炎症の結果、皮膚が黒ずんでしまうこと)などが長年みられていました。
食事療法・シャンプー療法・抗炎症薬・免疫抑制剤・抗菌薬・減感作療法など、一般的な治療を一通り行ったものの症状は十分に改善することはなく、ワンちゃんの外観や全身をかゆそうにする様子により、飼い主さまも長い間心を痛めていらっしゃいました。

間葉系幹細胞療法開始前の外観

間葉系幹細胞療法開始前の外観
(写真ご提供:さくら動物病院 横山 篤司先生)

残念ながら一般的な治療への反応が長年乏しく、アトピー性皮膚炎によりこのワンちゃんの生活の質は大きく低下していると考えられました。

そこで当時人間のアトピー性皮膚炎に対して効果(かゆみと皮膚症状の改善)が示唆されていた間葉系幹細胞治療を行うこととしました。

間葉系幹細胞治療では、これまでの治療とは異なる作用で免疫を調整し、炎症を抑え、組織修復を促し、結果として皮膚の状態改善を期待することができます。

<結果>
間葉系幹細胞治療の約2週間後、頭の周囲、特に耳の色素沈着と皮膚症状の改善が認められました。1か月ほど経過すると、全身の皮膚に発毛・増毛がみられ、特に脱毛していた首回りでは強かった色素沈着が完全に回復していました。
120日後には、間葉系幹細胞治療の前と比較して、さらに皮膚症状の改善がみられ、特に発毛が大きく改善しました。

一方で頻度は減少したものの、かゆみにより脇腹などをひっかく動作は引き続きみられています。
アトピー性皮膚炎の症状が完全になくなったわけではありませんが、かゆみのケアに関わる一般的な治療をしっかり行いながら、定期的に間葉系幹細胞治療を行うことで現在も良好な生活の質を維持しています。

アトピー性皮膚炎に対する間葉系幹細胞投与後の経過

アトピー性皮膚炎に対する間葉系幹細胞投与後の経過
(写真ご提供:さくら動物病院 横山 篤司先生)

まとめ

アトピー性皮膚炎は治療のむずかしい疾患です。

さまざまな治療方法を組み合わせて、かゆみや炎症を抑えていくことが治療の中心になります。
大きな副作用もなく、一般的な治療(食事療法・シャンプー療法・抗炎症薬・免疫抑制剤・抗菌薬・減感作療法など)に良い反応がある場合にはそのまま経過観察する形が適切です。

一方で今回のワンちゃんは一般的なアトピー皮膚炎の治療に反応がなく、長期にわたって状態の改善がみられませんでした。
そこで、間葉系幹細胞治療を実施したところ、2週間ほどで改善がみられはじめ、その後は徐々に皮膚症状の改善や発毛、かゆみの減少が認められようになりました。

当院におけるアトピー性皮膚炎の再生医療

アトピー性皮膚炎などの全身性の疾患に間葉系幹細胞療法を実施する場合、静脈点滴と同じ方法で間葉系幹細胞を点滴する方法が一般的です。
時間をかけてゆっくり間葉系幹細胞を投与していくので半日程度お預かりする形(日帰り入院)にはなりますが、麻酔をかける必要がなく動物への負担も少ない方法です。

現在、当院では獣医学的・科学的根拠に基づいた再生医療を提供するとともに、より多くの動物たちが日常的な痒みの苦痛から解放されるよう、さらなる再生療法の確立を目指して日々治療にあたっています。

当院での再生医療・細胞治療の詳しいご説明はこちらをご覧ください。

アトピー性皮膚炎についてお悩みの飼い主さまがいらっしゃいましたら、当院までお電話いただくか、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

【お問い合わせ先】

お問い合わせフォーム

細胞治療をうけたい飼い主様の募集 難治性疾患への細胞治療を検討してみませんか? 応募はこちら