再生医療・細胞治療のご案内 | 細胞治療専門の動物病院

飼い主さまへTo owners

再生医療・細胞治療のご案内

当院は、わんちゃんの皮下脂肪由来の他家間葉系幹細胞を用いた
新しい細胞治療による診療を行っています。

本治療法は、ヒトの再生医療と同等の品質管理基準に基づき培養された
細胞を用いる画期的な治療法です。
現時点での適応疾患は以下の通りです。

眼科疾患

  • 乾性角結膜炎(KCS)

    乾性角結膜炎(KCS)

    涙の量が減少することで、目の表面が乾き、結膜や角膜に炎症を引き起こします。

    詳しく見る

消化器疾患

  • 慢性腸症(CE)

    慢性腸症(CE)

    小腸や大腸の粘膜に慢性的な炎症を引き起こし、食欲不振や嘔吐、下痢などの症状をもたらします。

    詳しく見る

血液疾患

  • 免疫介在性溶血性貧血(IMHA)

    免疫介在性溶血性貧血(IMHA)

    血液中の赤血球が破壊されることで、食欲不振や息切れ、貧血などの症状をもたらします。

    詳しく見る

  • 免疫介在性血小板減少症(IMTP)

    免疫介在性血小板減少症(IMTP)

    血液中の血小板が破壊されることで、皮下出血による紫斑、歯茎からの出血などの症状をもたらします。

  • 非再生性免疫介在性貧血(NRIMA)

    非再生性免疫介在性貧血(NRIMA)

    骨髄内の赤血球の元となる細胞が破壊されることで、食欲不振や息切れ、貧血などの症状をもたらします。

  • 赤芽球癆(PRCA)

    赤芽球癆(PRCA)

    骨髄内の赤血球の元となる細胞が破壊されることで、食欲不振や息切れ、貧血などの症状をもたらします。

  • 再生不良性貧血(AA)

    再生不良性貧血(AA)

    骨髄で正常な血液が造られなくなることで、食欲不振や息切れ、貧血などの症状をもたらします。

骨・関節疾患

  • 関節炎

    関節炎

    関節軟骨や滑膜の損傷・炎症によって慢性的な痛みを引き起こし、歩行障害をもたらします。

    詳しく見る

皮膚疾患

  • アトピー性皮膚炎

    アトピー性皮膚炎

    皮膚のバリア機能が低下することで、皮膚に様々な刺激物質が入り込み、痒みなどの症状をもたらします。

神経疾患

  • 椎間板ヘルニア

    椎間板ヘルニア

    背骨にある椎間板が変形し、脊髄神経を圧迫することで、痛みや麻痺などの症状をもたらします。

    詳しく見る

  • 非感染性髄膜脳脊髄炎

    非感染性髄膜脳脊髄炎

    脳で生じる原因不明の炎症により、てんかん発作、起立困難、失明などの症状をもたらします。

肝胆膵疾患

  • 肝炎

    肝炎

    肝臓で生じる急性もしくは慢性的な炎症により、食欲不振や嘔吐、黄疸などの症状をもたらします。

  • 膵炎

    膵炎

    膵臓で生じる急性もしくは慢性的な炎症により、食欲不振や嘔吐、下痢などの消化器症状をもたらします。

内分泌疾患

  • 糖尿病

    糖尿病

    インスリンが不足またはうまく働かなくなることで、血液中の糖が異常に増え、様々な合併症を引き起こします。

細胞治療をうけたい飼い主様の募集 難治性疾患への細胞治療を検討してみませんか? 応募はこちら