臨床開発 | 細胞治療専門の動物病院

業務内容Business content

臨床開発

「実用化」にこだわり、先端的な診療法の実用化に専念します。

大学や企業が行ってきた基礎研究成果を、先端的な診療法として実用化することに特化します。大学や企業と積極的に協働し、より多くの疾病に細胞治療を適応することを目指して開発を行ってまいります。

科学的なエビデンスの構築を最重点に開発を行っていきます。
皮下脂肪由来の間葉系幹細胞(MSC)を利用した細胞療法

細胞治療を「投与された細胞が分泌する生理活性物質が、周りの細胞や環境に影響を与えることで、炎症を抑制したり免疫を調整したりといった働きをし、身体を元の正常な状態に戻そうとする」治療法と捉え、その働きに合致した「対象疾患候補」について、治療法の開発を進めてまいります。

さらに当院は、均質で質の良い細胞を投与し、適切な診察の下に確定診断のついた症例の数を揃えることで、MSC投与後、予後の経過を客観的に観察し、統計的なデータを踏まえたMSC適用のエビデンスを取得していきます。

富士フイルムの先端独自の技術を投入していきます。MSCセルザイクを利用した細胞療法

富士フイルムの高機能素材技術と微細加工エンジニアリング技術を融合させて開発した細胞外マトリックス(cellnest/セルネスト)と細胞を組み合わせた三次元細胞構造体三次元細胞構造体(CellSaic/セルザイク)の特性を活かせる対象疾患候補について、治療法の開発を進めてまいります。

富士フイルムの先端技術セルザイクについて

1. 臨床研究を開始している疾患

詳しく見る

2. 臨床研究を検討している疾患

詳しく見る