会社概要 | 動物の再生医療を中心とした先端医療技術・サービスの開発・提供セルトラスト アニマル セラピューティクス株式会社

会社概要

代表挨拶

代表取締役社長 牧野 快彦:写真 先端医療技術の進歩は目覚ましく、さまざまな革新的な研究成果が創出されていますが、必ずしもこれらの研究成果を実用化するのは容易ではなく、この研究と実用のギャップを埋めることができれば、先端医療技術の進歩がより社会に貢献できることは自明の事実です。一方で、共通の病気に罹る人間と動物の、その垣根を越えて病気の治療法を考える新たな医学の取組みも始まっています。私どもは、この「研究と実用のギャップ」と「人間と動物の垣根」を共にうまく乗り越えられる仕組みがあれば、人間と動物のお互いの医療にとって大きなメリットがあるはずと考えております。

当社は、再生医療・細胞治療を中心とした先端医療の獣医療での「実用化」に特化した活動を行ってまいります。私どもは、細胞治療を「身体が本来持つ修復機能や自己治癒力を利用する治療」として多くの可能性を秘めた治療であると捉えております。この細胞治療の実用化・普及には、細胞の品質保証を最重要とし、科学的エビデンスの構築、細胞搬送の保証、治療のトレーニング、診療データの共有活用、民間医療保険の活用などの多方面の要素が連動して機能する、「新たな社会システム」が必要であると考えております。

私どもセルトラスト・アニマル・セラピューティクスは、富士フイルムグループとアニコムグループの総合力を活用して、「新たな社会システム」を開発・提供する担い手として、獣医療での先端医療の実用化・普及に貢献していると思っていただける会社を目指し、努力してまいります。

代表取締役社長 牧野 快彦

会社概要

商号 セルトラスト・アニマル・セラピューティクス株式会社
組織体制
代表取締役社長
牧野 快彦
取締役副社長
亀井 達彦
取締役
河本 光祐
取締役
都築 博彦
取締役
高橋 伸幸 (非常勤)
監査役
須田 一夫 (非常勤)
監査役
上篠 昌明 (非常勤)
資本 50百万円
沿革 2016年4月 富士フイルム株式会社(51%)、アニコムホールディングス株式会社(49%)の合弁会社として設立。
株主構成 富士フイルム株式会社51%
アニコムホールディングス株式会社49%

アクセス

〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-2-5 8F
TEL:03-5381-3870  FAX:03-5381-3895
■JR、地下鉄丸ノ内線、地下鉄都営新宿線、地下鉄大江戸線、京王線、小田急線 新宿駅南口より徒歩約10分
■地下鉄大江戸線都庁前駅 A2出口より 徒歩約10分